お知らせ

2018年06月01日

1.設立趣旨

平成14年度より市町村を窓口に、精神障害者居宅生活支援事業が始まった。
長期入院やひきこもり生活を余儀なくされてきた精神障害者が地域で暮らすために、これらの福祉サービスの新設・充実が望まれる。そのために、
(1) 在宅支援に対する住民理解
(2) 相談援助の担当者、ヘルパーなどの人材育成
(3) 行政と連携しつつ諸課題を推進する要となる地域的拠点の設置
等を総合的に推進することが課題となっている。
行政と連携しながら幅広いニーズに対応し、安定した運営が可能となり、より
一層精神障害者の生活支援に寄与できるよう、社会福祉法人「あじさいの会」を設立した。

2.事業所

就労継続支援B型事業所  主たる事業所 ゆったり工房
            従たる事業所 スローカフェゆったり
地域活動支援センター    きぼう 
相談支援事業所     希望 

3.沿革

1996.4  日進市折戸町に小規模作業所「ゆったり工房」を開所
1996.6  日進市民会館にて第1回チャリティーコンサートを開催
1999.11   「喫茶ゆったり」を開く
2003.4  社会福祉法人あじさいの会を設立
2008.4  相談支援所「希望」を開所する
2008.10   日進市立図書館内に喫茶「スローカフェゆったり」を始め
      就労継続支援B型事業所に移行
2009.4  施設を日進市三本木町に移転
2010.11   愛知県より精神障害者社会復帰促進(地域生活支援)を受託
2016. 6    みよし市に地域活動支援センター「きぼう」を開所

4.組織図

scan126





1996年4月、ゆったり工房は、精神障害者の小規模作業所として、日進市折戸町に誕生しました。
2003年3月小規模通所授産施設となり、2008年10月自立支援法による就労継続支援B型事業所に移行し、2009年3月日進市三本木町に施設を移転しました。
ゆったり工房では、作業訓練と共に、社会生活体験の機会の提供にも力をいれ、地域に開かれた作業所を目指し、地域のイベントにも積極的に参加し、あじさいコンサートを開催しています。


scan128



2008年10月、日進市立図書館開館と共に、図書館内に「スローカフェゆったり」をオープンしました。
「障害を持っていることに甘えることなく、自分たちのできる範囲で美味しいものを心をこめて提供し、満足して帰っていただく」ということを基本に運営しています。


scan129



2008年4月、障害支援法の地域生活支援事業を実施する日進市の委託を受け、気楽に相談できる場として、相談支援事業所「希望」を開所しました。
日進市は障害者基本計画の策定により、2010年からは基幹型総合的相談センターが相談支援事業を行うことになりました。
2012年6月、みよし市に地域活動支援センター「きぼう」、相談支援事業所
「希望」を設立し、2013年4月には、みよし市から相談支援事業の業務委託を受けました。

scan130


scan131
 

「ゆったり工房」「きぼう」を利用したい、
どんなところだろう?と思われている方へ

scan127a

まずは、気楽にご相談ください。職員が詳しく説明させていただきます。

ご連絡は こちらへ 

皆様のご支援をお願いしたします。

あじさいの会後援会

150名余の後援会会員のご協力を得て、あじさいの会の活動を行っております。

会費   年間一口 2000円
法人会費 年間一口  10000円
(一口以上何口でも結構です)  

ボランティアゆったり

あじさいコンサートの協力や地域イベントの活動支援をしていただいています。

入会、参加、登録お待ちしております。 

一緒に活動してみませんか? 

あじさいの会後援会、ボランティアゆったりへの参加の申し込み、
ご質問などは、下記にご連絡ください。

電話   0561-74-1943(ゆったり工房)
     0561-65-5856(きぼう)

Eメール  yuttari.netアットマークgmail.com
     (アットマークは記号に変えてください)

access