ゆったり工房 では スローカフェゆったり で提供するカレーや、ハーブティー、お菓子などを作っています。
「自主製品の紹介」は こちらの記事をご覧ください。

基本情報

2018年10月09日

ゆったり工房の自主製品の紹介です!

ハーブティー 自主製品
illust1926
自主製品 クッキー
illust1926
自主製品 キャロットケーキ
illust1926
自主製品 くるみだれ
illust1926
ゆったり梅

ゆったり工房の詳細は こちらの記事をご覧ください。

2018年10月06日

始まりは、ゆったり工房の財政を支えるために始まったチャリティーコンサートでした。
回を重ねるごとに地域の人達にゆったり工房の活動や、精神の病について理解していただく場として、そして精神障害者の社会参加の場、精神保健福祉の啓発活動と形を変えてきました。
今では、精神障害者だけでなく日進市で活動している障害のある仲間たちと、障害種別(身体・知的・精神)を超えて、コンサートを通じて手をつなぐ活動もできるようになりました。

毎回自分たちの思いをテーマに、実行委員会の人たち、販売活動に出店してくださる事業所・各団体の方々、そしてステージを盛り上げてくれる出演者の方々、コンサートに足を運んでくださる皆様の大きな支えの中でここまで歩んでくることができました。心より感謝しています。

このコンサートを通じてメンバーたちは、多くの人達のあたたかい支えがあること、また、つながりの大切さを感じ、病があっても、障害があっても、人として地域で暮らしていくための大きな力をつけてきました。
メンバーだけでなく職員、家族、ボランティア、そしてコンサートにかかわってくださってきた方々にとっても大きな力と希望につながっていると思います。

1994年にゆったり工房が開所して以来、毎年かかさず続けてきたコンサートも
次回で第24回を迎えます。

◆第24回あじさいコンサート◆
 
2019年6月1日(土) 日進市民会館大ホール

 会場で皆様にお会いできることを、楽しみにしています!

第23回あじさいコンサートの様子←こちらをクリック

第1回~22回あじさいコンサートの様子←こちらをクリック











2018年10月04日

精神障害のある人が自分で自分のことを決め、安心して地域で生活し、
社会参加をすすめていくためには、同じ立場の仲間(ピア)によるサポートが役に立ちます。
また、自分がサポートする立場になり、誰かの力になれるということも、
自分の自信になり、生きていく力につながります。

トータスゆったり
社会法人あじさいの会には、自助グループ「トータスゆったり」があります。
トータスゆったりの活動を通して、ピアサポートをしながら、リカバリーをしています。

活動内容
こんにちは。トータスゆったりの代表をしている丸子です。
月1回の定例会では、夕食をみんなで作って食事を楽しみ、近況を語り合い、グループでテーマを決めて意見交換などをしています。昨年度は『レッツ当事者研究』(地域精神保健福祉機構・コンボ)という本をみんなで読み合わせ学習会も行いました。他にも、みんなで映画鑑賞などの外出企画をしたり、みんなの意見を聞きながら活動をしています。
同じ境遇の仲間が集まることにより、安心感や心強さを感じることもあります。
今後も自分を含めメンバーが、一人で迷子になったりせず、戻る場所としてあり続けたいと思います。

トータスゆったり会則



IMG_2731





2018年09月16日

きぼうは「地域に自分たちの居場所が欲しい」という精神障害者、その家族の長年の願いを受け止め、平成24年6月に、みよし市に開所しました。
きぼうで活動や人との関わり、社会生活体験を積み重ねる中で、地域で生きる力をつけています。精神疾患のため、社会的な生きづらさを抱えている人たちが、地域の中で希望を持って自分らしい生き方が送れるように、一歩一歩ともに歩んでいます。

◆「きぼう」って、どういうところ?
一人ひとりにあわせたサービスを提供します!

図3


◆「きぼう」で提供するサービスは?
・食事作り
 
昼食の食事作りを行います(1食230円かかります)
・プログラム活動
 
おりがみ、絵手紙、ペン習字、お菓子作り、園芸などの物づくりや、
 地域のイベントへの参加、映画会、グループワーク、外出プログラムなど、
 様々なプログラム活動があります。
・送迎サービス
 
自力で通うことが困難な方を送迎致します。送迎の対象には条件があります。
 スタッフまでご相談ください。

IMG_5371



◆「きぼう」のスタッフは?
・精神保健福祉士2名
・ピアスタッフ1名
図4

◆開所時間  
 
火曜日から土曜日 10時~16時

図5


◆利用料  
・利用者は地域生活支援サービスの提供に伴う料金
(負担上限月額の範囲内の利用者負担額)を支払います。
・お茶代、おやつ代として
 月500円
 くわしくはスタッフまでお尋ねください。

◆さつき会との活動内容 
さつき会とは?

 みよし市地域精神障がい者家族会です。
 家族相談会や懇談、勉強会を行っています。
 地域活動支援センターきぼうと合同でレクリエーションを行っています。
 春 お花見
 夏 三好池花火大会
 秋 バーベキュー
 冬 新年希望を語る会
IMG_2669


◆福祉の店 
自主製品紹介


P_20180829_182525

編みぐるみ 各150円




P_20180829_182446

着物バック 500円~800円




1

あじさいカード 70円




2

季節のカード 70円




3

アクリルたわし 100円





きぼうは、精神障害者一人ひとりが、自分の思いや希望を大切に、
地域で希望を持って、豊かに生きていける居場所として支援していきます。

◆お問い合わせ・アクセス 
〒470-0224
愛知県みよし市三好町上205番地4
☎(0561)65-5856





社会福祉法人あじさいの会は、精神障害者の地域生活支援を柱にした行政施策の充実を願い、一人ひとりの精神障害者の自立や社会参加に施策を活かすような事業を展開したいと考え、法人を設立しました。
平成25年、みよし市から相談支援事業の委託を受け、障害者の課題やニーズに応えるサービス提供の入り口として、相談支援事業を行っています。

地域でその人らしく生活できるように、
ともに考えサポートします!


◆こんな時、お気軽にご相談ください

・病気や障がいのこと
・日常生活の悩み
・働くこと、対人関係などの相談
・障害福祉サービス利用等についての相談

 障害のある方やそのご家族の、日常生活の様々な相談をお受けし、
 必要な情報の提供や、障害福祉サービスの利用支援を行います。
・障害福祉サービス等利用計画の作成
 福祉サービスを利用していくために必要となる、計画相談を行っています。
・地域移行・地域定着支援
 精神科病院に入院中の方で、
 これまで様々な理由で退院することができなかった方に対して、
 ご希望や思いに沿って、退院のお手伝いをしていきます。
図2

◆障害のある方やご家族からの相談に対応していきます
・相談は無料です
・営業時間
 火曜日から土曜日 10時~17時

◆お問い合わせ先・アクセス
 〒470-0224
愛知県みよし市三好町上205番地4
☎(0561)65-5856



2018年06月01日

名称未設定-1

社会福祉法人あじさいの会は、日進市で就労継続支援B型事業所「ゆったり工房」、「スローカフェゆったり」、みよし市で地域活動支援センター「きぼう」、相談支援事業所「希望」を運営しています。
平成8年ゆったり工房開所以来、「あじさいコンサート」を継続しています。精神疾患を持ち、生きづらさを抱えているメンバーたちが、このコンサートを通し、皆様も支援を体感する中で、生きる自信を取り戻し、この地域で生きていくための力をつけてきました。
「ゆったり工房」「きぼう」の活動、そして「あじさいコンサート」は、メンバー達の思い、家族やボランティア、地域の人たちの思いが形になりました。みんなの「優しい街で暮らしたい」という願いを実現するために活動しております。



●理事長あいさつ  小林千津子

障害者が過ごしやすい街は、
誰にとっても暮らしやすい街


精神疾患のため生活のしづらさを持ちながら、当事者の「やさしい街で暮らしたい」という願いを実現するために希望をもって活動しています。
「自分の思いを大切にしよう。その思いをみんなの思いにしよう。そして、みんなで力をあわせよう。」の理念をベースに、ゆったり工房は、折戸町から三本木町への施設移転で、地域のコミュニティーの場としての活動を充実してきました。日進市立図書館内での喫茶事業「スローカフェゆったり」の営業。そして、みよし市に地域活動支援センター「きぼう」の開設。相談支援事業所「希望」の業務委託を受けみんなの思いを実現してきました。
平成8年、ゆったり工房開所以来、毎年続けているあじさいコンサートは、メンバーだけでなく、家族、職員、ボランティア、そして、地域の皆さんにとっても大きな力と希望につながるものになっています。その中で一番の希望であり財産は、メンバーたちが地域で【やさしい街で輝いて生きていきたい】という思いを持って、リカバリーしていることです。
あじさいの会は、だれもが安心して暮らせる「やさしい街づくり」の一員として、ともに歩んでいきます。


●施設概要

 

社会福祉法人あじさいの会

代表者

小林千津子

所在地

470-0101

愛知県日進市三本木町廻間118-4

電話番号

0561-74-1943

FAX

0561-74-1943

Eメール

k-yuttari511@kss.biglobe.ne.jp

事業内容

●就労継続支援B型事業所

 ・ゆったり工房(日進市三本木)

 ・スローカフェゆったり(日進市立図書館)

●地域活動支援事業

 ・きぼう(みよし市)

●相談支援事業

 ・希望(みよし市)



●社会福祉法人あじさいの会あゆみ

1995(平成7)年      作業所設立準備会
          10月~  週1回作業所開設
1996(平成8)年   4月 日進市 小規模作業所ゆったり工房開所
2003(平成15)年   3月 社会福祉法人あじさいの会設立
             小規模通所授産施設ゆったり工房
2008(平成20)年  4月 相談支援事業所 希望 開設
          10月 自立支援法による就労継続支援B型事業所に移行
             主たる事業所 ゆったり工房
             従たる事業所 スローカフェゆったり(日進市立図書館内)
2009(平成21)年  3月 主たる事業所 ゆったり工房施設移転(三本木町)
2010(平成22)年   愛知県精神障害者社会復帰促進(地域移行支援)事業
~2011(平成23)年    (相談支援事業所 希望が受託)
2012(平成24)年  6月 みよし市 地域活動支援センターきぼう
                  相談支援事業所 希望 開設
2013(平成25)年  4月 相談支援事業所 希望がみよし市から業務委託を受ける



●社会福祉法人あじさいの会 組織図
組織図


●社会福祉法人あじさいの会 定款
 データはこちらです。 → 【定款】


●法人役員等

役職名

名前

所属

理事

小林千津子

あじさいの会 理事長

 

田中美保乃

ゆったり工房 管理者

 

西村小百合

きぼう 希望 管理者

 

脇田順子

前あじさいの会 理事長

 

萩野修二

元日進社協事務局長

 

能島正江

あじさいの会 後援会代表

監事

樋口豊彦

税理士

 

田中祐三

民生委員

評議員

伊藤勝也

元愛知県職員、元あじさいの会理事長

 

堀尾直樹

医師

 

堀之内秀紀

日進市社会福祉協議会 会長

 

竹内信枝

育成会顧問

 

池戸悦子

愛知県精神保健福祉士協会会長

 

峯尾宏

家族会

 

眞野賢一

家族会

 

丸子二郎

家族会




●平成29年度事業報告及び決算報告

*平成29年度事業報告 ・ゆったり工房
           ・きぼう
           ・希望 
  すべてのデータはこちらです → 【事業報告】

*平成29年度決算報告 ・資金収支計算書
            ・事業活動計算書
            ・資金収支内訳表
            ・拠点区分事業活動明細書
  すべてのデータはこちらです → 【データ】

            ・貸借対照表
            ・財産目録


*報酬規程
  データはこちらです → 【報酬規程】

*監事監査報告書
  データはこちらです → 【監事監査報告書】
 
               

 

資料 【設立趣旨】

平成14年度より市町村を窓口に、精神障害者居宅生活支援事業が始まった。
長期入院やひきこもり生活を余儀なくされてきた精神障害者が地域で暮らすために、これらの福祉サービスの新設・充実が望まれる。そのために、
(1) 在宅支援に対する住民理解
(2) 相談援助の担当者、ヘルパーなどの人材育成
(3) 行政と連携しつつ諸課題を推進する要となる地域的拠点の設置
等を総合的に推進することが課題となっている。
行政と連携しながら幅広いニーズに対応し、安定した運営が可能となり、より
一層精神障害者の生活支援に寄与できるよう、社会福祉法人「あじさいの会」を設立した。







障害者が過ごしやすい街は、誰にとっても暮らしやすい街
 
 精神疾患のため生活のしづらさを持ちながら、当事者の「やさしい街で暮らしたい」という願いを実現するために希望をもって活動しています。
 「自分の思いを大切にしよう。その思いをみんなの思いにしよう。そして、みんなで力をあわせよう。」の理念をベースに、ゆったり工房は、折戸町から三本木町への施設移転で、地域のコミュニティーの場としての活動を充実してきました。日進市立図書館内での喫茶事業「スローカフェゆったり」の営業。そして、みよし市に地域活動支援センター「きぼう」の開設。相談支援事業所「希望」の業務委託を受けみんなの思いを実現してきました。
平成8年、ゆったり工房開所以来、毎年続けているあじさいコンサートは、メンバーだけでなく、家族、職員、ボランティア、そして、地域の皆さんにとっても大きな力と希望につながるものになっています。その中で一番の希望であり財産は、メンバーたちが地域で[やさしい街でいて生きていきたい]という思い
を持って、リカバリーしていることです。
あじさいの会は、だれもが安心して暮らせる「やさしい街づくり」の一員として、共に歩んでいきます。
小林千津子

役員一覧

理事
  小林 千津子、脇田 順子、萩野 修二、能島 正江、田中 美保乃、
  西村小百合
監事
  田中 祐三、樋口 豊彦
評議員
  堀尾 直樹、伊藤 勝也、眞野 賢一、池戸 悦子、竹内 信枝、丸子 二郎、
  峯尾 宏、堀之内 秀紀


1.定款 こちらをクリックして見てください。 

2.平成29年度あじさいの会事業報告書 こちらをクリックください。

3.平成30年度事業計画書 こちらをクリックください。


illust1926

ゆったり工房




◆ゆったり工房とは?

主に精神疾患をもっている方々が、地域の中で自立した生活をおくれるように活動しています。
家以外の居場所として、生活リズムを整えたり、人とのコミュニケーションの取り方を練習しながら、自分の体調に合わせて働くことができる場所です。


◆施設概要
                                   

施設名称

就労継続支援B型事業所ゆったり工房

所在地

愛知県日進市三本木町廻間118-4

電話番号・FAX     

0561-74-1943

管理者

田中美保乃

定員

20

主たる利用者

主に精神疾患のため通院されていて社会復帰を希望する方



◆利用できる日時

 火曜日~土曜日の午前10時~午後4時まで
 ※日曜、月曜、祝日はお休み
 ※夏季、年末休暇


◆タイムスケジュール


10
00  朝のミーティング

     にっしん体操

     作業開始

     ※1時間ごとに10分の休憩あり

 

1200  昼食・昼休憩

 

1300  昼のミーティング

     作業開始

     

     清掃

1550  帰りのミーティング

 

1600  退所  


◆作業の内容
 
 ゆったり工房では、日々様々な作業があります。
 自分の体調に合わせてその日行う作業を自分で選んでいます。

 【厨房作業】
  スローカフェゆったりで提供するカレーなどを作っています。

IMG_5160


 【日進市立図書館内での喫茶事業】
  スローカフェゆったり →  こちらをご覧ください

 【自主製品の製造、販売】

  ・ハーブティー作り
   (スペアミントティー、アップルミントティー、ブレンドハーブティー、
    カモミールティー、レモングラスティー、健康爽快茶、柿の葉茶など)

  ・お菓子作り
   (ゆったりクッキー、紅茶クッキー、キャロットケーキ)

  ・くるみだれづくり

    自主製品紹介一覧 → こちらをご覧ください。


 【さをり織りの作業】
IMG_1636
IMG_1642



 【内職】


◆利用料
 
 障害者総合支援法に基づき、サービス費用の1割が利用者負担額となります。
 ただし、月額負担の上限や減免があります。
 (前年度、非課税の方は利用料が減免されます。)

◆お茶・おやつ代
 
 1ヶ月500円 

◆昼食について
 
 各自持参。
 毎週木曜日は250円で昼食を食べることができます。

◆送迎サービスについて
 
 自力で通うことが困難な方を送迎します。
 スタッフまでご相談ください。

◆工賃の支払いについて
 
1人1人の能力や頑張りに合わせて、工賃を3段階に設定しています。

 

ゆったり工房

スローカフェゆったり

230

600

170

400円(見習い期間)

130

 

※作業に応じて手当も付きます。


◆利用するには
 
 利用の流れ


◆お問い合わせ・アクセス

 ゆったり工房





障害者の就労支援の場として。
日進市のコミュニティーの場として
喫茶トップ


それぞれの特技や希望を活かし、役割分担し、責任をもって行います。
(接客、レジ、皿洗い、盛り付け、清掃など)






スローカフェゆったりおすすめメニュー紹介

喫茶 カレー


喫茶 カレーラーメン


喫茶 ピラフ